口内でチンポを、ぐるっと一回り舐め回されたあと・・・

思い出しただけで涎が出てきます。

 

電話で話したところによるとミキには違う高校の彼氏がいるのですが、サッカーに夢中でセックスにはそうとう淡白な性格らしく「フェラさせられて入れられるだけ。

 

じゃ、脱がすけど良いよね?」Cは気恥ずかしいためか顔を横に向け合わせないようにしながら、小さく頷いた。

 

★大人っぽく着れる膝下までの長さが買いキーポイント。

 

俺「ショーツがヌレヌレでこの様子でもハッキリと、あそこが見えるね」Cは体まで赤くし、C「はずかしいからダメっ・・・言語に出さないで・・・」俺「分かった。

 

デフォルト手をつなぎながら映画館に入ったのですが、映画がはじまって30分もたたないうちにミキのほうから「ねえ、チューして……」と暗がりで甘えっぽくキスをもとめてきました。

 

明確いって、モロにタイプでした。

 

やった女子は数名いるが、ここまでヌレヌレになるのは初めての経験で俺はとても興奮、とうとう臨界点を突破してしまった。

 

私はもう、土曜が来るのが待ちきれませんでした。

 

手から僅かにこぼれるほどの大きさの胸を、Tシャツの上から軽く包み込み徐々に力を入れていくと、Cの吐息が徐々に熱いモノへと変わっていくのが分かった。

 

俺と仲間Aは、担任の勝手な個室割りにより5階の内周側の個室に割り当てられた。

 

その上、「アッ…もうイクよ…イクッ…」という声と共に今度は男が果て、「最高に気持ち良かったわ…」との発言に、「テクニシャンですからね♪(笑)」とふざけて返してました…。

 

「あれ?学生服?もしかして同じ修学旅行生?」とか話しながら観察していると制服からジャージに着替えたり、個室のお風呂に入って下着姿でテレビを見てたりと、しばらく美味しいものを見させて貰った。

 

いつもはサバサバしてる妹がエロい声を出したり男にかわいく奉仕してる事を知り、意外性を感じると併せて、自身の彼女よりエッチに積極的かつフェラが上手いだろうという事に何とも言えない悔しさ・羨ましさを感じている変態チックな自身がいました…。

 

音自体はあまり聞こえなかったものの、男は攻められてる時もやたら声を出し、「アー…すげぇ気持ちいいわ…」「このままイキたくなってきちゃった…」と、口の中に出したい発言…。

 

★穏やかなた風情で甘くなりすぎないのでピンクを取り入れてみるもが桜の季節らしくもなるので推奨です。

 

★落ち着いた雰囲気で甘くなりすぎないのでバラ色を取り入れてみるもが春らしくもなるのでおすすめです。

 

滑りが良くなったのと慣れてきたためか、いつしか喘ぎ声へと変わっていったのでピストン運動を徐々にスピードを速めていった。

 

飲み会はAの知り合いの店の個室で行われました。

 

ミキという子は現実にセックスが大好きな子でした。

 

デート当日の土曜日、ミキは私のリクエストに応えて制服で現れました。

 

最近の女子〇生の中には実際にありえないくらい積極的な子がいるんですね……。

 

こちらを向いたところを両手首をつかまえて壁に押しつけ、太股の奥の芳醇な匂いをパンティの上から楽しみました。

 

 

ぜんぜん物足りない。

 

「……ああミキ……はじめて見たケースから……たまんなかったよ……」「……ああンッ……わたしも……超会いたかった……」ねっとりと舌を絡ませながら甘い唾液を味わったあと、ミキを壁にむかって手をつかせて後ろから痴漢するようにミニスカのなかの太股に指を這わせました。

 

それから、10分経たない位でオカンから逃げるように出ていった2人を2階の窓から見てみると、いかにも遊んでそうなギャル男風の男と手を繋いで楽しそうにしてる妹がいました。

 

白いシャツにグレーのミニスカ、紺のハイソックスが映えてピチピチの太股が誘うようにチラついています。

 

出会いは、「高校生が飲み会したがっているので来ませんか?」と誘ってくれたのはクラブでDJをやっている後輩Aでした。

 

さらに、再び「アー…やっぱやばいわ…」という声が聞こえてくるようになり、「常にしててもらいたいわ…」とのアホ発言に、「1回3000円だよ♪」とアホの応酬…。

 

「私のところらふたりともセックスだいすきだから……そのかわり満足させてよね!」そのあまりの積極的な態度に私もAも反対にプレッシャーを感じたほどでした。

 

「もうッ!……目つきが超エロいんだけどお!」言いながらミキもノリノリの様子です。

 

もう仕込みが整ってるほどヌレていたが、自分のペースでとじらすように指で舐め回し、愛液が脚を伝いとりかかるほどになった頃には、おそれ心が無くなったのかきれい喘ぎ声をあげていた。

 

その媚をふくんだ目はあきらかに私を誘っていました。

 

やさしくしても痛さは伴うらしく時折、痛そうな表情を見せので気をそらそうと胸や耳や首筋の方も攻めると、大分気がそれ感じた様で愛液で滑りが良くなった。

 

Cは一瞬驚いたが、デフォルトショーツを下ろし硬直したチンポがCの目の前に露わになり恥ずかしさとか感銘の表情で、握ったままチンポを見つめていた。

 

★落ち着いた雰囲気で甘くなりすぎないので薄紅色を採りいれてみるもが春らしくもなるのでおすすめです。

 

しかもパンストの似合うなかなかの美脚で、私はチラ見しながら思わずゴクッと生唾を飲み込んだものです。

 

30代前半の頃、女子高生と1年ほど関係をもった事があります。

 

僅かな茂みをかき分け、更に奥に手を進めると湿ったマンコに行き着いた。

 

出る前に他のを出す気ですか…。

 

彼氏は「コレ気持ちいい?」とか「エロい声出すね…声聞いてるだけでイッちゃいそうだわ(笑)」などと、攻めてる間中何かしら話しており、「またアホな奴連れてきたな…」と考えながら、影響を気付かれないようベッドで静かにしてました。

 

「……はああううンッ……!」腰からガクンッとちからが抜けるように、ミキは床の上に尻もちをついていきました。

 

そして、馴染ませるように・・・ゆったりと腰を押し進めていった。

 

内心「そんなうまい話あるわけない」と思っていましたが即日参加して現実に驚きました。

 

「……いやあンッ……お尻だめえッ!!」真珠ピンクのパンティの上からお尻に鼻先をうずめていくとミキは身をよじって逃げようとします。

 

★落ち着いた雰囲気で甘くなりすぎないのでピンクを採りいれてみるもが春らしくもなるのでベストチョイスです。

 

私とミキは映画館を出ると、デフォルトタクシーで私の部屋に向かいました。

 

肩を抱き寄せてパンストにつつまれた太股を撫でまわすとミキは嫌がるどころか甘えっぽい吐息をもらしながら私の手を太股ではさみつけてきました。

 

私はもう、パーフェクトに色ボケ状況でした。

 

眺めのいい外周側の個室じゃなかったため、俺はガッカリしていると・・・。

 

ぎこちなさがあったが、表情がすばらしいに見ていたかったが、俺の一番好きな69をしたかったので、お願いして体勢を変更した。

 

「……ねえ……ゴムなんていいから早くう……」ゴムなどつけるゆとりがないほどミキも私も発情しきっていました。

 

その上、「アー…やばい…それ気持ち良すぎ…」という声が出開始出来、ついに手・口での行為が開始された模様…。

 

一般的だったら怒るところだと考慮しますが、アホ妹は「ほんと?じゃー、今度またしてあげるね♪」と奉仕好きを思わせる発言…。

 

終わってベッドで2人、暫く抱き合いながら余韻に浸る。

 

その後、「近いうちに母親が帰ってくるから(居宅)出ないと」と妹が言うと、「もうそんな時かー…出る前にもう1回テクニシャンの口でしてもらいらいなー(笑)」と冗談っぽい感じを装って全力の発言…。

 

いままで色んな女子とセックスしてきましたが、あんだけからだが敏感な子も珍しいと腹積もります。

 

「お業務おつかれさまです!ビールでいいですか?」そう聞いてきたのが、私のために空いている席の隣にいたミキ。

 

「やはりにそれは止めて欲しい!」と思ってましたが、「いいよ、イッちゃって…」と愛くるしい彼女をアレンジ…。

 

積極的にも、妹は「全て脱いじゃってよ」と男に促しており、「小慣れてるな…」と思わざるを得ませんでした…。

 

「わたしはいろんなとこ舐められるのが超興奮するう……。

 

「……あン……触りかたエロいよお……」女子〇生を食うどころかアダルトの男二人が女子〇生におもちゃにされている、そのようなムードすらありました。

 

Cはだいぶ穏やかなたらしく、C「もう心配無用だから、動いていいよ」俺「わかった。

 

A「うまくいけば向かいの部屋を覗けない?」俺「おぉ!ナイス」と、一度に喜びへwでは早いところと言うことで、向かいの個室を参考に。

 

「舐められるのが興奮する」と言っていたのは実際にその通りで、私が匂いフェチで舐めフェチだという事がわかった途端、ミキはたまらなく興奮したようでした。

 

その頃は携帯電話というモノがなくお互いの連絡先は分からないまま、2日目は別のホテルになり、デフォルト修学旅行は終了しました。

 

トップ敏感なクリだけは最後まで焦らしに焦らされ、ミキはもうたまらない声を洩らしていました。

 

ミキは自分でも相当セックスが好きだと言っていましたが、私の精力には驚いていました。

 

二人が帰ったあとAと飲み直しながら「このところの〇校生はスゲーな!」と呆れたのを覚えています。

 

「俺はわりとノーマルだけどなあ……」とAが返答すると「つまんなーい!」と不評でした。

 

(自分と妹の個室は、昔の共同子供部屋(10畳強)にやや丈の長いタンスなどを間に置いてセパレート状態にしてるだけなので、互いは見えないものの常識的に話し声は筒抜けです…)その上、聞こえてきてるのは妹の喘ぎ声と男が攻めてる声…。

 

(名前は仮にCとDにします)Cは小柄でセミロングの素人 エロい 画像明るい少女。

 

「……はああンッ!!」軽く指先が触れただけで、ミキは電流が走ったように腰をビクンッと跳ねあげさせて敏感に反応しました。

 

Cの恥部は丘にうっすらと陰毛があるだけで、あそこのところはツルツル。

 

お願い来て」と、柔らかい笑顔。

 

その夜はやはりにそれ以上の事は起こらず、23時前には二人とも電車で帰宅しましたが、ミキも私と結びつきをもつ事を決めたようでした。

 

彼女の名前はミキ(仮名)といって、知り合った当時は高2でした。

 

軽く乳首を吸ったり舌で転がしたりした後、ズボンを脱がすといつもでも透けるほどのショーツが、愛液によりはっきりとマンコのラインを映し出していた。

 

ホテルの個室にあるお風呂の大きさは、ドコもそうだけど狭く俺の上にCが乗っかる体勢で湯船に使った。

 

何かを突き破る感覚と同時に、俺のチンポは全てマンコに入り、きつめだったが心地よい温もりに包まれた。

 

その子の友人が「お金持ってる年上の彼氏大募集中」だというのです。

 

決心を決めゆっくりとショーツをズリ下げる・・・徐々にあらわになっていく。

 

「実のところまでで一番興奮した。

 

盛り上がってきたところでAが「白状します・・CしっかりDちゃんの着替え見てました申し訳ないw」。

 

タクシーのなかでお互いの指をからませあいながら見つめあい、私とミキはもうパーフェクトに発情していました。

 

もう常識的のセックスはできないと思う」ミキの言い回しは嬉しかったのですが、さすがに1×歳の体力はすごいなと心積もりました。

 

その様子が数分続いた後、徐々に攻めが激しくなってきたのか、妹は「アッ…ヤバいよ…イッちゃいそう…」とよりエロい声を出し、それと併せて男の「イッちゃっていいよ」と言う声…。

 

俺は爆発寸前なのを我慢し、もう片方の手をショーツに忍び込ませようとした時・・・。

 

Dは薄めの黄色のショーツだった。

 

「ねえ、なんとなく30代の男のセックスってネットリ変態系って感じなの?」Aにしなだれかかっていたノリコ(仮名)という子がいかにも関心深々という眼で聞いてきました。

 

 

今でもそうなのかはよくわかりませんが……。

 

Aと遊んでいたDもCの居る個室へ戻った。

 

紺のハイソックスだけを残してすべての衣服を脱がされ、2時近くもの間、ボディーの隅々を舐めまわされ撫でまわされるうちに、ミキは全身に鳥肌をたたせて感じまくっていました。

 

それから先は完全に女子〇生二人のペースでした。

 

デフォルトの体勢で想いが落ち着くまで待った。

 

背後から抱きしめていた状況のまま、両手を胸の方へ。

 

C「男の人ってこうなってるんだ・・・」俺「うん、見るの初めて?」C「うん・・・」俺「じゃ、触るのも初めてだね?」こう言われて初めて握りっぱなしだった事にやっとこさ気が付いたらしく、「あっ!」と感銘の声と共に手を離した。

 

しばらく待っていると、学生服を着た女の子2人組が入ってきてきた。

 

突然午後がオフになったものの、試合の疲れと朝早かったのとで物凄い眠気を感じていたので、仲間の誘いを断って家に直帰し、ベッドに入るや数分後には眠ってしまってました。

 

自分のペースでと体勢を変えCを仰向けにすると、チンポをマンコに擦りつけ準備はととのった・・・。

 

目元がきりっとしていかにもセックスで乱れそうな早熟な色香がありました。

 

凄い話ですがミキいわく「肉食系女子」の間ではよくあるとの事でした。

 

さらに、この機会を逃したら次はないかもしれないという思いがより一層精力をかきたてていたと考えます。

 

立っているのも辛そうに感じたので、ベッドへ連れて行きTシャツとブラを外し綺麗な形の良いオッパイがあらわになった。

 

その上、そのまま背後から俺がCを抱きしめると、一瞬驚いてビクっとしたが直ぐに力が抜け、しばらく抱きしめていた。

 

私より頭ひとつ分ほど背が高いミキの体に後ろから抱きつくようにして、制服にこもった女子〇生特有の甘酸っぱい匂いに陶然となりながらスカートの中に顔をもぐりこませていきました。

 

★大人っぽく身に付けられる膝下までの長さが買い要点。

 

まだ午後8時くらいだったと考えますが、私が席に着いた場合には3人はすでにアルコールが回っていてトピックは思いきり下セールスポイントになっていました。

 

私はいっそのことの事ミキの指についたアイスを、いやらしく舌をからませて舐めとりました。

 

69の体勢になり、マンコを広げると愛液が「ツーッ」と流れてきた。

 

それを見て驚いていたCに、俺「Cちゃんの胸触ってみていいかな?」C「みんないるし・・」俺「じゃ、2人でCちゃんたちの個室に行こうか?」Cは悩んでいたが、断られた訳でもないため半ば強引に2人で部屋へと移動した。

 

俺は「入れた状況で湯船にゆったりつかりたいなぁ」と冗談交じりにいうと、Cは恥ずかしそうな表情をしながらもチンポをマンコにあてがって、デフォルトのんびりと腰を下ろし繋がったまま湯船につかってました。

 

「……ねえ……何故そんなにすごいの?……ケダモノだよお……マジでおかしくなりそうなんだけど……」とろけるような声でキスをねだるミキに私は最高の気分でした。

 

一度でいいから現役の女子〇生とセックスしてみたいと思っていた私は出会いを求めてもちろん参加することにしました。

 

俺の学校が使っていた5?7階の内周側は男子生徒ばかりだったため、他の階を参考にする事に。

 

指で転がしたりつまんでみたり。

 

言うまでもなく乙女によって私も淡白になる事もあるのですが、ミキとは特に体の親和性がいいのか硬さといい角度といい勃起の激しさがいつもとは比べものになりませんでした。

 

妹のイッた声を聞く事になるとは思ってもみませんでしたが、最初のモヤっと感は薄らぎ、ほんとエロい声出してたな…とわずか興奮してしまってる自らがいました…。

 

おっしゃる通り小柄だけど胸は大きいし、コーディネートは中々のものだからな…とついつい想像してしまってました。

 

俺が立ち上がりCが向かいで正座で脱がせて貰うという美味しいシチュエーションに・・・。

 

あのプルンッと音をたてそうな果実のような胸。

 

それからTシャツ、他にもブラの中へと手を進めて行くと、前もってに固くなっている乳首があった。

 

何はともあれ、避妊具はちゃんとつけて欲しいものです。

 

かなり濡れやすいみたいで、指も口の周りも愛液まみれ。

 

2人ともかわいかったため、はじけたAと俺はお祭り騒ぎにCも乗ってきてしばらくしてDも乗ってきた。

 

移し変更し途中は先生やクラスメイトに見つかるんじゃないかと、冷や冷やもんだったが何とか無事に部屋へと入り、2人ともホッと一安心。

 

高校2年の修学旅行の時の話。

 

15時過ぎ頃…。

 

5分ほどして女の子2人組が到着。

 

そのAも年齢は私と同じくらいだったのですが、Aいわくその女子〇生2人はどっちもかなり「ヤル気」らしく、うち一人とはもうヤってしまったとのこと。

 

C、D「2人も大きくなってるよ・・・私たちも見せたんだから見せて?」と、俺「お互い様だしいいよ。

 

パンティの上から、あそこをねっとりと舐めあげていきます。

 

「わたしはねー、フェラしててデフォルト口の中で出されるとすっごい興奮するう!」そう言うノリコちゃんのテンションにつられたのか、ミキもトピックに積極的でした。

 

「……このようなふうに痴漢する事想像してたよ……」「……ああン……超エロいよお……勝手に腰が動いちゃう……」指が太股のうえを這いまわるたびにミキは甘えっぽく腰をくねらせます。

 

「……はああンンッ……からだがとけるう……!!」後ろからお尻の穴に舌を入れてやるとミキはいやらしく、腰を上下にふりたてて部屋中に響くほどの甘い悲鳴をあげました。

 

しかも、「もう勃ってるよ?(笑)」という声の後に、「お前のボディーがエロいからだよ(笑)」と思わず妄想を誘う発言…。

 

俺「分かった、少しの間我慢してね」C「うんっ」可愛い笑顔に感動しつつ瞬く間に行った方が良いのかもとの決断で、一度に腰を押し進める事にした。

 

ここまでやっておいて、いざというときには内心ドキドキもので・・・。

 

次は攻守交替な訳で…。

 

あとで聞いたのですが、ミキはこの時点で私の粘りつくような視線に気づき、妄想をふくらませて興奮していたようです。

 

あからさまにAとノリコちゃんがいちゃつき開始出来、それを合図のようにしてミキもキスが可能なほどの距離に最適と密着してきました。

 

即日、私は業務の関連で少し場合を見て遅れて参加したのですが、店に着いた事例はもう女の子のうちの一人がAにあからさまにしなだれかかっているようなステータスでした。

 

その後は電話でAに確認をして、俺は最後のキスをして自室へ・・・。

 

次第にと吐息から、徐々に小さく恥ずかしそうな喘ぎ声に変わっていき力が入らなくなってきたのか、俺に体を預けてきた。

 

(宿泊施設の電話って階数と部屋番号さえ分かれば電話番号はすぐ分かる)A「もしもし?こんばんわ?怪しいものじゃないよ、それより修学旅行生?」A「こっちも修学旅行だよ、窓から向かいの個室の5階見てごらん」・・・・とAが会話を進め、男女4人が窓越しに対面w最初はびっくりしてたけど乗りの良い少女で、直ちにに笑顔で手を振ってくれた。

 

それを舌ですくい取りながら、クリを舐め上げ綺麗にしてあげるとCは「今度は私が・・・ねっ」と言い、ズボンの上からギンギン勃起した俺のチンポをさすってきてズボンを下ろされ、両手で優しく包まれた。

 

でも男ってあんま舐めてくれないんだよねー」もうこのミキの発言を聞いた時点で、私はパーフェクトに勃起していました。

 

そして、「イッちゃうよ…」という声が聞こえ、妹は果ててしまったようでした。

 

口内でチンポを、ぐるっと一回り舐め回されたあとピストン運動が始まった。

 

「アッ…心境いぃよ…」と控えめながらも、甘い声を出してるのを聞いて、「おいおい…エロい声出してんな…」と聞きたくないような、けど何か見過ごせないような感じでした。

 

個室に入るなり、私とミキは双方の息をぶつけあうようにキスをくりかえしました。

 

約10分後、男はあっさりイッてしまった様子で、「ほんとテクニシャンだな…実のところまででダントツに気持ちいいわ…」と不謹慎な発言…。

 

結局デフォルト夜になるまでベッドの上で絡み合い、気がついたらミキは家に帰れなくなって電話で両親にさんざん怒られていました。

 

「はい……あーんして……あン……こぼれちゃうから早くう……」甘えっぽく囁きながらデザートのアイスを指ではさんで食べさせようとするミキ。

 

ワレメを軽くなぞり上げると、指には愛液が絡み「クチュ」と、やらしい水音がした。

 

C「だめっ!」・・・と拒否され、我に返り、行き過ぎた行為に俺「ゴメン・・調子に乗りすぎたね」C「ううん、ちょっとびっくりしちゃって・・」・・・少しばかりの沈黙の後。

 

A「男2人で暇してるんだけど、良かったら遊びに来ない?」にジェスチャーでOKサイン。

 

その日は、大学の部活の試合で朝6時?夜遅くに帰ってくる予定でしたが、相手チームの都合により午前中で終了に。

 

と、自分が思ってたのも束の間、「そんなに気持ち良かった?」「思ったほど時ないから早くイッてね(笑)」といい彼女ぶりをしてました…。

 

ゆっくりとちょっと入ったところで何かにぶつかり、C「いたい!」と凄く辛そうな表情に進めるのを即時的にヤメ、深呼吸で落ち着いて貰うのを待った。

 

あの時は現実に面食らいましたが、もうこうなったらミキのペースに乗ってしまうしかないと腹積もりました。

 

A「俺はDちゃんにお願い」D「いいよw」硬直した俺のチンポがショーツに引っかかってわりと脱がす事が出来ず顔を赤らめながら、C「脱がせれないんだけど・・・」俺「手で引っかからないように傾けると脱がしやすいよ」C「えっ?(更に顔を赤らめ)」俺「遠慮しなくてもいいよ」C「う、うん・・気恥ずかしい・・」恐る恐るショーツの中に手を入れ、Cの小さな手に包まれ、あまりにも気持ちよく一瞬チンポがビクンと。

 

広げるとピンクで素敵なマンコが露わになったと同時に、愛液が流れ出てきた。

 

★穏やかなた雰囲気で甘くなりすぎないので薄紅色を採りいれてみるもが桜の季節らしくもなるのでイチ押しです。

 

なんともいえない甘い匂いのする吸いつくようなフレッシュな肌。

 

とくに後ろから犯しながら思いきり歯を立てて肩を咬んでやると泣くような声を洩らしながら昇りつめていきました。

 

どこから修学旅行できたとか、学校は女子校だから暑い時にはパンツ見えるほどスカートを捲るだのチャットは下の方へ。

 

★アダルトっぽく着れる膝下までの長さが買いポイント。

 

俺はCの不安を取り除くため、返事の代わりに笑顔で解答た。

 

Cは初めてとの事もあり、イク事は出来なかったが得心した様子で「ありがとう」と軽くキス。

 

その週末の土曜に直ぐにミキとデートの約束をしました。

 

その甘い媚声を聞いただけでもう先走りの精液がもれそうになるほどでした。

 

絶対優しくするから心配無用して任せて求める」C「うん!ありがとう」このありがとうに、一瞬気分が揺らいだが何とか押さえつけ、ゆっくりとピストン運動を開始した。

 

私本人は思いっきりネットリ変態系なので、Aからトピックをふられて正直にカミングアウトするとその場が一気に盛り上がりました。

 

制服で来て望むとリクエストするとミキは私の変態性欲を妄想して興奮したようで、(いま授業中なんだケド……想像したら濡れてきちゃったよお……)とメールを返してきました。

 

1×歳の甘い唾液の香りに酔いしれながら、私はもうビンビンに勃起していました。

 

C「もう大丈夫。

 

あまりの痛さのせいか、腰に手を回していた俺の腕を握りしめ痛みをこらえていたが、俺は止めずに前進した。

 

私(20歳、大学生)には高校2年生の妹がいて、(身内が言うのも何なんですが)ロリ顔にD?Eカップ位の巨乳で結構キュート方なせいか、家に連れてくる彼氏がコロコロ変わってました。

 

次の日は朝から晩までカーテンを閉め切って個室に籠ってしていました。

 

その代わりCちゃん脱がしてw」と。

 

C「これ、ヘアー透けて見えるんだよね・・・」と、ちょっと恥ずかしげな表情とうっすらと透けてるところに、Aと俺のチンポは爆発寸前。

 

初日は7階建設で、上から見ると「コ」の字に建設られている宿泊施設だった。

 

後ろでは、いつのまにか露わになったDの胸を、背後から揉んでいるAがいた。

 

じっくりと見つめられ、そしてのんびりと舌先がチンポの先端に触れ、チンポがビクンと脈だつ間もなく、暖かい口の中にすっぽりと包み込まれた。

 

「じゃ、いくよ」と可能な限り優しく語りかけると、「うん・・でも初めてだから」と。

 

Cの中は、あまりにも想いが良くいっぺんにクライマックスに・・・。

 

デフォルト耳元で「いい?」と聞くと、無言で僅かに頷いてくれた。

 

3階の個室でカーテンを閉めてない部屋があったが、電気はついているものの人が居ない・・・。

 

マンコに生唾を飲み込みながら、何とかショーツを脱がし切った。

 

★アダルトっぽく着用できる膝下までの長さが買いコツ。

 

C「もう心配なしだから続けて」と。

 

」ということでした。

 

工房の俺はCの胸を見ているだけで、たやすくチンポが再びギンギンにwCは「また、大きくなったねぇ」と言いながら、握ったりさすったり。

 

心地よいシャンプーの香りのする、セミ長いの髪をかき上げ耳を甘い噛みすると「あっ、んっ」ときれい声が。

 

そのあと、クリを丹念にねぶられまくって何回いったか覚えていませんが、気がついた時には私とミキは舌をからませあいながら双方の粘膜をこすりあわせていました。

 

私はもう、早熟な1×歳の色香の虜でした。

 

背が高くて若干生意気そうなタイプ。

 

「……やンッ……!!」ゾクッとからだを跳ね上げさせて敏感に反応するミキの媚態に、私の理性が完全に吹き飛びました。

 

「なんとか個室に呼べないかなぁ」とのAの発言に、諸々と方法を思い巡らすした結果、各個室に据え付けされている電話で直接話をしてみようとの事になり直ぐに電話。

 

俺は無言で頷き、ゆったりと手をパンツの中へと滑り込ませた。

 

Dも小柄だが髪は以前からずっとポニーテール、性格は明るい感じだが、ある程度人見知りをするらしくはじめは緊張気味だった。

 

怒るのではと悩ましいだったけど、C「別にいいよぉ?それくらい」A「じゃ、現在見せてって言ったら見せてくれる?」C「もう見られてるんだし、いいけど」と言い、白いレースのショーツを見せてくれた。

 

双方愛液やら血やら精子で汚れているし、時も時だからって事で共にお風呂へ。

 

M字開脚にし愛液がほんの少し溢れ出してるマンコが、とてもやらしく見え、俺の臨界点は限界に近かったが、心の内を落ち着かせマンコをのんびりと広げてみた。

 

ふと目を覚ますと、隣の個室?から男女の声がしており、その声は妹と新しい彼氏でした。

 

「……うふンッ……もう勃ってんじゃん……ねえ、この映画つまんなくない?……もうさあ……映画とかいいからあ……個室でキモチいいコトしようよ……」チュッチュッとキスされながら甘えっぽく囁かれて断れるはずがないのです。

 

目の前ではAとノリコちゃんがディープキスの真っ最中です。

 

Cはもの凄く痛そうな表情で、呼吸も荒く肩で息をしている。

 

中年男の変態性欲を丸出しにしてしゃぶりついていくと、ミキは早熟な体をもてあますかのように悩ましく身をくねらせて応えました。

 

ハメ狂う、とはまさしくあのことを言うのでしょう。

 

ミキは私が下品に責めれば責めるほど興奮するようでした。

 

Cのお腹に大量の精子を出した。